読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新世界遺産・中国、ハニ族の棚田(7・鳥遊ぶ昼食)

お昼になったのですが、これもタクシー運転手さんの手引きで近くの食堂へ。

f:id:koinobori:20090716114537j:plain
…って、ここはさっきのチケットオフィスのところです。
この奥に見える小屋が、食堂になっています。
スタッフ(経営者?)は、タクシー運転手さんと同級生なのだそうです。ここで初めて、タクシー運転手さんもこの街の出身なんだとわかりました。

さっそくご飯に…する前に、あそこでウロウロしている何かが気になります。
f:id:koinobori:20090716122552j:plain
f:id:koinobori:20090716122636j:plain
親子なのかなあ。

そんなことを思っていると、向こうにもなんか違う種類の鳥が居ます。
f:id:koinobori:20090716123625j:plain
f:id:koinobori:20090716123817j:plain
これも親子なのかなあ。

f:id:koinobori:20090716125356j:plain
米どころですから、ごはんを食べないわけにはいきません。
あとは、スープと、お肉を炒めたものと、野菜を炒めたもの。
味の素が山盛りになったお皿も置いてあって、これを適宜ふりかけて味を整えて食べます。

f:id:koinobori:20090716132421j:plain
にしても気になる鳥たち。なんか茂みのほうに行ってるけど、飼ってるんだとしたら逃げないのかなあ。

f:id:koinobori:20090716132451j:plain
食事が終わったら、子どもが遊んだりしていました。