読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新世界遺産・中国、ハニ族の棚田(6・霧晴れて棚田、寛ぐ牛)

1時間ほど待って、展望台へリベンジする。
お昼もだんだん近くなっていることもあり、霧は綺麗に晴れていた。
f:id:koinobori:20090716111844j:plain

雲が残っているけれど、雲の影がかえって棚田の大きさを認識させる気がする。

向こうに見える集落、何故かヨーロッパみたいと感じてしまった。
f:id:koinobori:20090716111945j:plain

展望台から後ろをみると、沼と小さな棚田がある。日本でよく見る棚田より、田んぼ1枚1枚の高低差が小さい気がする。
f:id:koinobori:20090716112050j:plain

そこへ牛がやってきた。
f:id:koinobori:20090716112057j:plain

農作業のためだろう、牛は、山道の向こうへ消えていった。
f:id:koinobori:20090716112117j:plain

よそ見をしているうち、高い雲がさっきより減って、青空が広がった。
f:id:koinobori:20090716112504j:plain

アップにすると、前もそうだったけどまるで模型のようだ。
f:id:koinobori:20090716112531j:plain
f:id:koinobori:20090716112803j:plain

ちょうど雲の切れ間から家が見えていた。それにしても雲が低い。元陽の標高は1600m-2500mくらいだそうだ。
f:id:koinobori:20090716113110j:plain
f:id:koinobori:20090716113234j:plain

振り向くと、先ほどの牛が戻ってきて、沼で水浴びを始めていた。
f:id:koinobori:20090716113720j:plain